秒速FAX送信

050-6861-1726

9:00~18:00 土・日・祝日を除く

  • 電話でお問い合わせ

セキュリティ

トップページ > セキュリティ

秒速FAX送信では、日々、安心で安全なFAX送信が出来るよう、セキュリティ第一で考えています。その取り組みや仕組みの一部を公開しています。

プライバシーマーク認証取得

プライバシーマーク

お客様のFAX送信先電話番号やFAX送信内容を情報運用面から守るため、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(英文名称:JIPDEC)が日本工業規格「JIS Q 15001:2006 個人情報保護マネジメントシステム—要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備・運用している事業者等を認定する制度「プライバシーマーク」を取得し、運用しております。

国内起点回線

国内FAX送信

他社では、通信料が安い為に海外の回線からFAXを送信しているケースも多く、その場合、盗聴や傍受されるリスクも高まります。特に昨今ニュースでも取り上げられたように、国が通信を傍受し分析。国策や当局にて利用する事例なども海外では発生し、話題になりました。当社では、少しでもセキュリティを高め、情報の傍受や漏洩を防ぐ為、国内起点の回線にてお客様のFAXを送信しております。

通信の暗号化

FAXデータの暗号化

ブラウザFAX時の内容は、お客様端末から当社サーバーまでSSL(TLS)により、暗号化されセキュアな状態でネットワーク通信を行う事が可能です。よって、FAX送信時に相手先端末で出力される過程の大部分が暗号化され通信が行われます。

サービス継続性

FAXを送信する際に心配なのが途中での紛失や未達。また、送信出来ないなどが主な課題となります。秒速FAXでは、送信依頼をかけたが途中で該当情報がなくなった事は、システム上もちろんございません。また、ステータス上で配信完了になった場合は、ほぼ100%相手先端末へデータが全て到着した形となります。サービス継続性については、秒速FAX前身のToonesインターネットFAXも含め、直近1年間のダウンタイムは8時間(データベースサーバーのメンテナンス)となり、年間で99.9%の稼働率となっております。

国内サーバー

秒速FAXを管理・運営するサーバーは、全て日本国内に設置され管理されています。また、データセンターからエンジニアまで、全て国内企業となり日本法に基づき、日本の商慣習で構築・運用が行われることにより、国外法の影響やカントリーリスクを最小限に抑えています。

※当社利用データセンター情報

項目 内容
データセンター運営会社情報 東証一部上場
プライバシーマーク取得
ISO27001取得
JQM-IM1223取得
データセンター構造 免震構造
電気設備 高圧3相2系統受電
発電設備 連続稼働50時間(給油により持続稼働)
消化設備 窒素ガス、ハロゲン化合物消化
JDCC評価 全項目にてTier3以上(80%以上)
国内データセンター

ページのトップへ戻る