秒速FAXPlus

050-6861-1726

9:00~18:00 土・日・祝日を除く

  • 電話でお問い合わせ

セキュリティ

トップページ > セキュリティ

インターネットFAXの秒速FAX Plusでは、日々、安心で安全なFAX受信が出来るようセキュリティ対策を考えています。その取り組みや仕組みの一部を公開しています。

受信ファイルへのパスワード設定

受信ファイルへのパスワード設定

FAX受信したデータの受取り方法は、管理画面にアクセスして取得するかメール添付でファイルを受け取るかの2通りとなります。管理画面へアクセスして取得する場合は、IDとパスワードによるログインが必要となる為、セキュリティーが保たれます。

しかしながら、メール添付で配信する場合は、内容の傍受や添付ファイルの誤転送などのリスクが残ります。そこで、受信したPDFファイルにパスワードを付けて受信させる機能を使う事で、よりセキュリティを高めFAX受信データの漏洩や傍受時のリスクを低減させる事が可能となっております。

プライバシーマーク認証取得

プライバシーマーク(Pマーク)

お客様のFAX受信時の相手先電話番号や受信したFAX内容の漏洩などから守るため、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(英文名称:JIPDEC)が日本工業規格「JIS Q 15001:2006 個人情報保護マネジメントシステム—要求事項」に適合した、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備・運用している事業者等を認定する制度「プライバシーマーク」を取得し、運用しております。

国内終点回線

国内FAX受信回線

他社では、受信したFAX通信を全て海外サーバーに集約させ、一括変換しているケースも多く、その場合、FAX受信中の通信が海外ルーターやサーバーを経由する事で盗聴や傍受されるリスクも高まります。特に昨今ニュースでも取り上げられたように、国が通信を傍受し分析。国策や当局にて利用する事例なども海外では発生し、話題になりました。当社では、少しでもセキュリティを高め、情報の傍受や漏洩を防ぐ為、国内終点の回線にてお客様のFAXを受信しております。その為、受信中、受信後のFAXデータが国外へ出る事はありません。

通信の暗号化

FAX受信データの暗号化

FAX通信が当社サーバーにて着信し、自動的にPDFファイルに変換されます。その後、そのデータを閲覧・受け取る為の選択肢は、お客様にて選択可能となっております。管理画面からのダウンロードに限り、データは暗号化されている為、受け取り時もセキュアな環境を保ったままPDFデータを取得する事が可能となっております。

サービス継続性

インターネットFAXを利用するにあたり、最も心配な事として受信データの紛失やサーバー、ネットワーク障害における受信負荷などの障害があります。秒速FAX Plusでは、サービス継続性について、秒速FAX Plus前身のToonesインターネットFAXも含め、直近1年間のダウンタイムは3時間(データベースサーバーのメンテナンス)となり、年間で99.99%の稼働率となっております。また、サーバーおよび回線等については、冗長化されており「FAX受信が出来ない」状態が発生し難い環境にてサービス提供させて頂いております。

国内サーバー

秒速FAX Plusを管理・運営するサーバーや通信回線、データセンターは、全て日本国内に設置され運営されています。

※当社利用データセンター情報

項目 内容
データセンター運営会社情報 東証一部上場
プライバシーマーク取得
ISO27001取得
JQM-IM1223取得
データセンター構造 免震構造
電気設備 高圧3相2系統受電
発電設備 連続稼働50時間(給油により持続稼働)
消化設備 窒素ガス、ハロゲン化合物消化
JDCC評価 全項目にてTier3以上(80%以上)
国内データセンター

ページのトップへ戻る